家族

新生児用品に必要なアイテムは全て此処に在り

履いて選ぶのが大切です

ベビーシューズ

赤ちゃんの歩き始めには個人差がありますが、生後から1年もたつとつかまり立ちを卒業して歩くことを覚えるようになります。歩き方を覚えたころはすぐに転んだりしますが、足や腰回りの筋肉が発達してバランス感覚が身につくころには転ぶ回数も減って上手に歩けるようになってきます。歩くことを覚えた赤ちゃんの行動範囲は大きく広がります。それまでは部屋のなかだけで十分だった遊びスペースもだんだん狭くなってくるので、部屋の中で十分に歩き回れるようになったらお出かけデビューをしましょう。お出かけデビューはファーストシューズを選ぶときでもあります。つかまり立ちを卒業したとはいえまだまだ転ぶことが多い時期なので、できるだけ赤ちゃんが歩きやすいベビーシューズを選んであげたいところです。ベビーシューズを選ぶ際はデザインも大切ですが、まずは機能性を重視しましょう。ベビーシューズを選ぶ際にまず見るべきポイントはサイズです。靴のサイズ選びは大きすぎても小さすぎでもダメなので、試し履きをしながら適切なサイズを見つけることが大切です。サイズ選びをする際は赤ちゃんの足より5mm程度の大きさを選ぶとよいでしょう。また足の形は人によってそれぞれなので、親指の付け根部分などに余裕があるかもしっかり確認することが大切です。足の形にフィットするサイズを見つけたら次は靴底の柔軟性にも着目です。靴底が固いと指の曲げ伸ばしが難しくなるので転倒する危険性が高まります。厚い靴底の方がクッション性は高まりますが、ファーストシューズを選ぶ際にはクッション性よりも柔軟性を重視してベビーシューズを選ぶとよいでしょう。