家族

新生児用品に必要なアイテムは全て此処に在り

子供の靴の選び方

ベビーシューズ

定期的なチェックが大事

赤ちゃんがよちよちあんよを始めたら、ファーストシューズの購入を検討する人がたくさんいますが、どういった靴を選べば良いか悩んでしまいます。また、歩きが上手になったり、小走りができるようになったりする頃になると、足の成長も著しくなってきます。そこで、ベビーシューズやキッズシューズを正しく選べるように、靴の特徴やサイズ選びについて詳しく説明していきます。まず、ベビーシューズやキッズシューズを買う際に一番大事なのが、足の大きさです。初めて靴を買ってあげる場合は特に、靴の専門店に行って足のサイズを測ってもらうことがとても大事になってきます。足のサイズより1センチ程度大きめの靴を選ぶことが子供にとって歩きやすい靴と言えますので、まずはサイズを把握しておくことが大切です。また一般的に、3歳頃までは足の成長が著しいため、つい数ヶ月前に買った靴でもきつくなってしまうことはよくあります。しかし、だからといってあまりに大きくて足に合わないベビーシューズやキッズシューズを買ってしまうと、子供の足の形成に影響が出ることがあります。子供の足は、骨が柔らかい上に筋肉が未発達である状態なので、足に合わないものを使い続けると、転びやすくなることがあります。必ず、足よりも1センチほど大きい程度の靴を選ぶようにしましょう。なお、歩きが上手にできるようになり、走る時間が増えるようになったら、キッズシューズはクッション性のあるものを選ぶと良いです。足への衝撃を柔らかくして、走りやすい状態にしてくれます。